起き上がり小法師×田村市お人形様

 地域の歴史・伝統・文化を活かした商品開発・販売事業の企画第一弾!田村市の魔除けの神様である「お人形様」を会津地方の郷土玩具である「起き上がり小法師」としてデザインした「起き上がりお人形様」が誕生しました。左から、屋形、朴橋、堀越の3種類ございます。 

 屋形、朴橋、堀越とは、同市船引町の地区名で、「お衣替え」と呼ばれるお人形様の製作の習俗が今でも残っています。それらは、「磐城街道沿いのオニンギョウサマ製作の習俗」として、福島県無形民俗文化財に指定されています。

 お人形様は、背丈約4メートル。江戸時代に磐城街道沿いに悪病が流行したため、魔除けとして祀られたと言われています。東北地方に多く見られるワラ人形や道祖神の代表格として民俗学的にも価値が高く、国立歴史民俗博物館や東北歴史博物館にも展示されています。

 高さ3.5cmの小さな魔除けの神様を、「七転び八起き」の精神とともに飾ってみませんか。大切なお子様やご友人への贈り物としても、おススメです。